So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

あの日の約束、愛娘との誓い。 [人気記事]

あの日・・・

空.jpg

あの日から6年。



心の時計は少しずつ動き始めているが、この時期だけは、どうしても色々思い出す。当時のような悲しみや苦しみに陥ることはないが、虚無感だけはどうしても消えない。



愛娘の誕生日、予約していたバースデーケーキを受け取りに行った。その時、「おめでとうございます!」と店員さんに祝福され、並んでいたお客様は微笑ましく私を見ていた。軽くお辞儀をして店を出たが、嬉しいはずの愛娘の誕生日なのに一気に寂しい気持ちになった。



頭の中では、「今年はどんなケーキを買おうかな?」「6歳の女の子はどんな物が欲しいのかな?」とずっと考えていた。愛娘はもういないはずなのに、なぜか愛娘のことを考えるだけでニヤニヤしてしまう。



だけど、バースデーケーキを受け取ってから自分の気持ちを誤魔化せなくなっていた。どんなに時間が経過しても、愛娘との思い出は消えることはない。



私は新生児仮死で産まれたばかりの我が子に誓った。「何があっても見捨てない。」「絶対守り続けるから…」どんな事情があるにせよ、私は愛娘の未来を奪ってしまった。その責任は一生背負いながら生きようと思っている。



『親として初めて見た我が子の姿、あの日の約束を忘れるわけにはいかない。』


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

悲しみは乗り越えるものではない・・・ [雑談]

あの日から6年・・・
 
崩壊.jpg




もうすぐ愛娘の七回忌。
初七日、四十九日、一周忌、三回忌を終えた頃の自分は、まだまだ愛娘の死を受け入れていなかった。小さな子どもを見ると胸が苦しくなり、「何で俺たちなんだろ・・」と自問自答を繰り返した。



想像を遥かに超えた恐怖。
我が子を失った後の喪失感は、とてもじゃないけど経験した人にしか分からないだろう。



悲しい、寂しいという感情だけではなく、突然襲われる孤独感、不安、気持ちが落ち着かず眠れない日もあった。心が休まる日はなく、いつも疲れていた。その結果、人の幸せを素直に喜べなかったり、イライラしたり、好きなことをしても楽しいと感じることさえできない自分がいた。



自分が自分じゃないみたいで、少しずつ心が崩壊していくのが分かった。もちろん、このままではダメだと思っていたし、そんな自分が恥ずかしかった。



1日でも早く、この状況から抜け出す方法を考えた。
“強くなるしかない”

“乗り越える”



この2つの言葉が脳裏をよぎった。
気持ちが沈み、笑顔になれない日があれば、呪文のようにこの言葉を唱え、自分の心を誤魔化していた。だけど、「そもそも子どもの死を乗り越えた先に何があるのか?」私は何も分かっていなかった。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

グリーフを抱えた時、夫婦と言えども男性と女性では考え方が違う? [夫婦仲]

グリーフのプロセス・・・

ハート.jpg




何かの縁で出会い、交際期間を経て結婚。
ほとんどの人が夢や希望を持って新婚生活をスタートさせます。



ただ一緒にいるだけなのに、毎日が楽しく幸せを感じる日々。この時間が永遠に続けばいいのですが、現実はそんなに甘くありません。



「恋は盲目」「恋は麻薬」というように、好きな人ができると頭と心の中は支配され、その結果、理性を失い感情をコントロールできなくなることも・・・。



しかし、そんな恋も3~4年、または私たちのように子どもを失うような大きな試練(現実)に直面した時、恋の魔法は解けると言われています。



そもそも脳科学では、男性と女性では考え方に違いがあり、男性は空間認識に優れ、女性は直感力やコミュニケーション能力に優れていると証明されています。



つまり、どんなに強い絆で結ばれた夫婦でも、グリーフを抱えた時の男女の考え方の違いを無視できないということです。



実際、当ブログに寄せられたメッセージには、「夫がどう思っているのか分からない・・・」「孤独を感じる・・・」などといった声が多く届きます。しかし、そのように感じるのは自然なのかも知れません。



なぜなら、
『男女では、グリーフのプロセスが違うから!』


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

無意識に怖いことを考えている自分が恐ろしい・・・。 [メンタル]

絶品ピザ!

先日、道南のある道の駅に行って来た。
その道の駅の館内では、絶品ピザが味わえるという。



出発前は、「ついでだから寄ってみようか・・・」くらいの気持ちで向かった某道の駅だが、いい意味で期待を裏切ってくれた。後から知ったことだが、たった1枚のピザを食べる為だけに遠方から人が集まるほどの人気駅。



私たちが到着した正午には、Mサイズのピザが売り切れになるほど、店内は多くの人で賑わっていた。元々、道南方面に出向いた理由は“新鮮な海鮮を堪能する為” だから、ここで満腹になるわけにはいかなかった。



メニューを見ながら店内を見渡すと、誰もがピザを頬張りながらうなずいている。「そんなに美味しいのか・・・?」と考えていると、横から「マルゲリータLサイズ1枚」という声が・・・。



『あ~食べるんだ・・・(笑)』



番号札を渡され、ピザが焼けるまでの10~15分の間、館内を見て回った。そこで分かったことだが、この町はピザの他にもパン、ハム・ソーセージ、チーズ、ワインなどの特産物があり、素材には絶対的な自信があるようだ。



そして・・・
絶品ピザ.JPG




熱々のマルゲリータが登場。熱々のピザ生地にとろとろに溶けたモッツァレラチーズ、ソーセージ、チキン、トマトで構成された、まさに地産地消ピザ。



これまで道内各地で色々なピザを食べて来たが、私的には一番美味しいと思った。具材はもちろんだか、何より生地がうまい!わざわざ遠方からピザを求めに訪れるのも頷ける。



本題はここから・・・


続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
前の5件 | -