So-net無料ブログ作成
検索選択

出産後、初めての母と娘の再会! [出産]

出産後、愛娘との初対面の日!

娘が生まれて、4日目の朝を迎えた。
携帯電話が鳴るたびに、「娘に何かあったのではないか?」と思ってしまい、心が休まるときがない・・・。



4日目にして、妻が出産以来、初めて娘と再会する。
私は娘が生きているうちに、どうしても妻に会わせたかった。
病院から外出の許可が下りたとはいえ、妻の身体は万全ではない。



そんな状態で、妻の外出許可を出すということは、「あまり娘の状況は良くないのではないか?」と疑ってしまう。



でも絶対諦めないし、娘は助かると私たちは信じるしかなかった。



妻を病院まで迎えに行くと、娘に飲ますための母乳が準備されていた。
その母乳をしっかりとカバンに詰め、娘のいる病院へと向かった。



例え娘が飲めなくても、肌や唇に付けるだけで免疫力が向上するらしい。
医学的なことはよく分からないが、何だか奇跡が起きるような気がした。



どんなに離れていても、妻の娘に対する愛情は溢れかえっていた。
昨日までの3日間、担当医や看護師に言われたどんな言葉よりも、妻の存在が私に大きな安心感を与えてくれた。






スポンサーリンク













溢れかえる母としての愛情!

娘の病院に到着した私は、まず車イスを借りに行った。
やはり、妻の身体はあまり動ける状態ではなく辛そうだった。
娘を思う気持ちが、何とか妻の身体を動かしている・・・。



妻にとっては、初めてのNICU。
もうすでに、不安な表情をしている・・・。



いつものように担当医と看護師に娘の経過報告を受け、妻は出産以来、娘と初めての再会を果たした・・・。



妻の目からは涙がこぼれ落ち、終始、意識のない娘に対して、

『お母さんいるよ!ガンバレ!ガンバレ!』



と笑顔で語りかけていた・・・。
そして、今朝絞ったばかりの母乳を看護師に手伝ってもらいながら、娘に初めて与えた。



綿棒に染み込ませた母乳を、娘の唇や舌に少しずつ与えていく。
一瞬、娘が笑ったような気がした。



私はこのとき、父親の無力さを肌で感じた・・・。
『やっぱり、母親には敵わない。』



ずっと妻は、娘に語りかけながら手を擦っていた。
会えなかった3日間を埋めるように・・・。



担当医の話では、この日も娘の尿はあまり出ていないらしい。
その影響で、前日よりも顔や身体がむくんでいた・・・。



妻と二人で「少しでもいいから、おしっこ出るといいね。頑張ってみようか!」と娘の身体を擦り、尿が出るよう願い続けた・・・。



娘の病院に来てから、すでに一時間以上は経過していた。
もっと娘の側にいさせてあげたかったが、妻の身体が心配だったので、初日の面会はここまでとした。



帰りの車中、「絶対に娘のことは諦めず、支えよう!」と新たに誓い合った。
娘の死が近づいているとは知らず・・・。



続く・・・






スポンサーリンク













nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

病気に負けないブログ!

こんにちは、いつも読ませていただいています。
ありがとうございます。



by 病気に負けないブログ! (2014-01-22 22:28) 

こうき

> 病気に負けないブログ!さん

コメントありがとうございます!

少しずつブログを読ませてもらっています。

お互いポジティブに頑張っていきましょう。

今後とも、よろしくお願いします!

by こうき (2014-01-25 01:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました