So-net無料ブログ作成
検索選択

女性が子どもを産める年齢! [妊娠初期]

卵巣茎捻転とは?

子宮との間にある2本の靭帯で支えられている卵巣に腫瘍などができ、その腫瘍の重みによって捻れることを言う。卵巣が捻れると突然の強い下腹部痛や吐き気などに見舞われ、ねじれが強いと卵巣への血液が送られなくなり、卵巣が壊死する危険があるため、緊急の手術が必要になることもある。



排卵とは?

女性には二つの卵巣があり、産まれときに卵子のもとである原始卵胞が数百万個もストックされている。思春期になると原始卵胞は成熟卵胞となって、1カ月に1個ずつ(まれに数個)卵子を排出する。このことを排卵と言う。



女性が生涯で排卵する回数は?

排卵は、卵巣の重要な働きの1つであり、左右の卵巣から交互に排卵されることが多い。稀に片方から続けて排卵されることもあり、女性の生涯の中で数百万個もの原始卵胞のうち、成熟卵胞になるのは、せいぜい400~500個と言われている。



つまり女性が妊娠するチャンスは400~500回あり、年数にすると30~40年間である。



成長が早い女性なら13歳くらいから妊娠することができ、そこから30~40年間と考えると43~53歳で閉経する計算となる。



ただし、妊娠してから出産するまでの間は排卵が止まるので、子どもを多く出産した人ほど、閉経年齢が遅いと言える。





スポンサーリンク












片方の卵巣機能が低下した場合!

成熟卵胞の数は、200~250の約半分になってしまい、子どもを授かる機会が大幅に減少する。また、卵巣機能が低下したことにより、ホルモンバランスが崩れ、生理不順や肩こり、頭痛などの不調が起こる場合もある。



身体のリズムが崩れると憂鬱な気持ちになったり、ちょっとしたことでもイライラして怒ったり泣いたりと感情の起伏が激しくなる。そうなると周囲に対して、必要以上に厳しくなってしまったり、優しい気持ちで過ごすことができない。



そんな事態にならないためにも、早期発見が必要不可欠なのである。
だからこそ、誤診をした産婦人科に対して許すことができない。



妊娠発覚から通院していた産院への怒り!

そんな産院に大切な家族を任せることはできないので、速やかに転院の準備をすることにした。



卵巣茎捻転の出術も成功に終わり、母子共々異常はなかった。
発見がもう少し遅れたり、もしも安定期に入っていたら、お腹の子どもは助からなかったかも知れない・・・。



そんな誤診をする病院が、平然と存在していることが信じられない!
『思い出すだけでも、ゾッとする・・・。』



続く・・・






スポンサーリンク













nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

みかん

初めまして。
私も2年前、妊娠12週で茎捻転を起こし、緊急開腹手術をしました。
幸い、お腹の子供も無事で、元気に2歳を迎えようとしています。
私は妊婦検診から総合病院を受診していたため、病院に駆け込んだときの腹痛と嘔吐の様子から、先生がすぐにエコーで茎捻転を見つけてくれました。
総合病院ということもあり、すぐに何人もの産婦人科の先生が駆け付けてくれて、とても迅速に対応していただけました。
やはり、麻酔科医などが常に揃っている大きな病院が信用できるなぁ…と、私も身をもって感じました。

奥さまとお子さまが無事で、本当に良かったです。
他人事とは思えず、ついコメントしてしまいました…
by みかん (2015-01-29 00:25) 

こうき

>みかんさん、コメントありがとうございます。男性には分からない痛みですが、経験者によると出産時の痛みより激痛だったと聞きました。私は男性で女性の体の事は確かに分かりません。でも、その話を聞いてもっと早く気が付いてあげれば良かった…。と反省しています。みかんさんのお体とお子さんがご無事で良かったですね。とても心が温まるコメントありがとうございます。
by こうき (2015-01-29 07:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。