So-net無料ブログ作成
検索選択

愛娘の誕生日!いつもとは違う心境の変化とは? [メンタル]

先日、愛娘の4歳の誕生日でした。

『亡くなった子どもの歳を数えるな・・・。』



とは言いますが、生きていたら、どんな子どもだったのかな・・・。

と思うと、ついつい考えてしまいます。



私はずっとブログにも書いている通り、

『生きていても、亡くなっても、子どもへの愛情は変わりません。』



この先、愛娘の弟か妹が産まれたとしても、

『娘の代わりはいません。』



よく次の子どもを早く作れば?

まだ若いんだし、諦めるんじゃない?

などと言う人がいますが、全く何も分かっていません。



きっと、その人なりの優しさであったり、励ましの言葉なのは想像できますが、

逆に落ち込んでしまう一言ですね・・・。



今でこそ、私は聞き流す事ができるようになりましたが、

まだまだ聞き流せない人は、多いのではないでしょうか?



愛娘の誕生日当日、予約していたバースデーケーキを引取りに行く前に、

誕生日プレゼントを買いに行きました!



娘がお腹の中にいた頃、よく行っていた所です。

テナントにはアカチャンホンポやベビザラスがあることもあり、

子ども連れの家族や妊婦さんが多いんです・・・。



正直、あまり気は進みませんでしたが、私の気持ちなんてどうでもいい。

『何故なら、娘の誕生日ですからね!』



なんと言おうと、主役は愛娘!

何を買ってあげようと考えるものの、全くイメージが湧かず。



同じ歳くらいの女の子の動きを目で追い、リサーチしていると、

親と目が合い、気まずい雰囲気に・・・。



生きていれば欲しい物を聞けるのですが、それは無理な話・・・。

早ければ母親の真似をして、お化粧とかするんでしょうけど、

娘へのプレゼントとしては流石にどうなのかな・・・?



そんなことを考えながら、

ベビザラスを徘徊し、迷いに迷って買ったのがアンパンマンのおもちゃ・・・。



人形とか音の鳴る絵本とか色々買っているので、

少し違った物を買ってあげようと思ったのですが、ある友人に言ったら、

『女の子なのに?』



と軽いツッコミを入れられ、

『だってさ、友人の娘アンパンマン見てたよ~。』



と動揺しながら反論・・・。苦笑

しかし、買ったのには少し理由があるんです。

(その話は後日にお話します。)



買い物を終え店から出ると、小さな子どもたちが遊べるスペースがあります。

いつもその場所を通るのが辛かったのですが、先日は違いました。



自分の中で心境の変化があったのでしょう。

娘はもういない、泣いても悔やんでも帰って来ないという現実を、

『受け入れた結果だと思います。』



同じくらいの子どもを見ても、悲しい気持ちにはなりませんでした。

少しの間、ニンマリと小さい子どもを眺めていましたが、

感情は無に等しかったと思います・・・。



どんな心境の変化なのか?

何で無感情だったのか?

その意味は?



自分でも分かりません・・・。

ただひとつだけ言えるのは、

『そんな自分が怖くなりました。』



この時期、何もする気が起きないので、

何でもないとは思いますが、いつもとは違う心境の変化に少し戸惑っています。



p.s.
そんな何もする気が起きない時期に、私はどうやら喧嘩を売られたようです・・・。
さすがに憤りを感じましたが、そのままの感情のまま記事にすると、
言ってはいけないことまで言ってしまいそうなので、今、心に蓋をしています。
10月後半は愛娘のことだけを考えていたいので、11月最初の記事にする予定です!



バースディケーキ.JPG




nice!(1)  コメント(22)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 22

天使ママ

天使パパさんへ

娘さんのお誕生日おめでとうございます!
お誕生日プレゼントとお祝いのかわいいケーキ、とっても喜んでいると思います(*^_^*)
昨年娘を亡くしました。
再来月には1歳のお誕生日です。
亡くなっても、かわいい我が子であることに変わりはないですよね。
我が家もケーキでお祝いしようと思います。
喜んでくれるといいな。
by 天使ママ (2015-10-29 09:03) 

こうき

>天使ママさん、コメントありがとうございます。
亡くなっても可愛い娘に変わりはありません。
ケーキ喜んでもらえると思いますよ。

by こうき (2015-10-29 15:07) 

りんご

いつも、温かいお返事ありがとうございます。
娘さん、お誕生日おめでとうございます。可愛らしいケーキ^ ^きっと美味しいケーキありがとうと、喜んで食べてくれているはずです!
私も、こうきさんがいつも書かれている様に、生きていても、亡くなってしまっても、私の愛する息子には変わりないと、ずっとおもっています。
なので、買い物にいくとつい息子の好物のものを、たくさん買ってしまいます。
こうきさんは、少しずつ娘さんの死を受け入れて、前に確実に立派に進まれていますね。
それまでの、苦悩は計り知れなかったと私は分かります。
今、まさに私がそうだからです。
本当に、息苦しい毎日で、寂しくて、生きていくのが正直辛いです。
それでも、どんなに辛くても人は生きていかないといけないものなんですね!
生きていく中で、いつか子供が先に亡くなってしまった意味そして、答えが見つかると信じて今は、ただ日常生活をこなすことが、精一杯です。
一ついえることは、私を支えてくれている家族や、数人の友人には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
その人達の為に私ができることは、身を削ってでも、したいということです。
多分、その人達の支えがなければきっと今の私は存在しなかったと思うからです。
こうきさんのブログに出会えたことにも、感謝しています。
これからも、ブログ楽しみにしています。
by りんご (2015-10-29 19:50) 

こうき

>りんごさん、こちらこそいつもコメントありがとうございます!
私もりんごさんのお気持ち凄く分かります。
当時は生きた心地が全くしませんでした。
生きたくても生きられない命がある以上、命を粗末にしてはいけないと思いながらも、『どうすれば楽になれるのだろう?』と考えていたことがあります。

でも、そんな自分を変えてくれたのは家族や友人です。
感謝、感謝、感謝です。
これからも今の気持ちを忘れず、天使パパのブログ!を続けていきたいと思っているので、応援よろしくお願いいたします。


by こうき (2015-10-30 01:58) 

りんご

こうきさん、こんばんは。
返信ありがとうございます。

息子が、いつも側に居てくれてるって思って、目の前のできることからやっていこうと思います。

こうきさんも、寒くなってくるのでお身体に気をつけてくださいね。
by りんご (2015-10-30 17:57) 

こうき

>りんごさん、コメントありがとうございます!
息子さん、きっと側にいると思いますよ。
りんごさんもお身体気を付けてください。^ ^
by こうき (2015-10-31 13:21) 

ごめんね

私も長男が同じ状態になり、目覚めぬまま他界しました。
5年間機械で無理やり生かしていました。
産後すぐは長男が死んだら私も死のうと思っていたけど、
5年のうちにいろんな諦めでそこまでの気持ちの歪みもなくなりました。
母も義父も亡くなり、占い師には夫が義両親と勝手にローン組んでかった家が良くないと言われもう家にも住みたくなくて家を出ました。ローンだけ払い続けていてもうすべて嫌で離婚話がでています。妊娠中もストレスがたまりまくりでした。低収入なくせに見栄っ張りな夫に対して。こんな不幸を一生かかえて生きる人生が辛いです。
by ごめんね (2015-11-01 14:47) 

たく

娘さん、誕生日おめでとうございます。
私はこの夏病気で10歳の次男を亡くしました。
私はこうして生きていていいのかと自分に問いながら日々を過ごしています。
3月に次男の誕生日を迎えますがその時の事を考えると苦しくて苦しくて…。
それでも長男と三男の為にも毎日頑張っています。変わらず助けてくれる友人には本当に感謝していますが、私の今の気持ちや状態を本当に理解してくれる人が居ないのが辛いです。
by たく (2015-11-01 20:59) 

こうき

>ごめんねさん、コメントありがとうございます。
私の娘は生後5日で亡くなりましたが、命が助かっても目覚める保証はないと医師に言われていました。
もしも、ごめんねさんの息子さんと同じ状況であれば、私も同じ選択をしましたが、今の私とは違った苦しみがあったと思います。

私は5日間しか経験しておりませんが、5年間は本当に長く、色々な葛藤などでお辛かったのではないでしょうか?

子どもの死は夫婦にとって大きな試練でもあり、今まであまり気にしていなかったことでも、子どもの死がきっかけで我慢できなくなることがあると思います。
コメントを拝見する限り、そのお気持ちが伝わってきます。

少し私の話になりますが、父には前妻との間に子どもがいました。
私も子どもだったので詳しく聞いていませんが、産まれてすぐ亡くなっているようです。
その後、父は前妻と離婚し母と再婚しましたが、亡くなった子どもの位牌を引取っていました。
今思えば、供養らしいことをしている記憶はなく、母が他界し父が失踪した時に、その位牌はお寺に預けました。
しかし、お寺の住職は亡くなり、私も今はそのお寺の檀家になっていますが、所在が分からなくなっています。
つまり、無縁仏ですね・・・。

ですから、成人した時に私が供養をしていれば娘がこんな目に遭わなかったのではないか?と考えたことがあります。
占いにも行ったことがあるので、お気持ちが痛いほど分かります。
でも、その占い師に言われました・・・。
過去に2回占ってもらい、2回とも気持ちの悪いくらい的中しましたが、『所詮は占いだと思って、強い気持ちを持ちなさい!』と・・・。
占い師さんの息子さんに私が似ているらしく、個人的な感情まで入ってしまったと言っていましたが、私は『そうだよな・・・。』と思うようにしています。

離婚話もでていると書いていましたが、子どもの死は本当に辛いものです。
その辛さを子どものせいにはできない為、家族に対して日々の不満をぶつけてしまうこともあるみたいです。
(ごめんねさんの場合は違うと思います。)

でも、決して私が言うことではありませんが、今一度、大きな決断をする時は少し距離を置いて冷静に考えてください。

by こうき (2015-11-02 01:03) 

こうき

>たくさん、コメントありがとうございます。
10歳ですか・・・。大変お辛いと思います。
ふとした風の匂いなどで、息子さんを思い出し悲しくなることもあると思います。

ちょうど4年前の今日、娘が亡くなり自宅で葬儀をしていました。
家族の前では心配をさせないように我慢していましたが、悔しすぎて今にも取り乱しそうになった時はひとりで外に出ました。
その時の風の匂いや星空は今でも忘れられません。
この季節になると考えていなくても思い出してしまいます。

私とは違い過ごした時間も長いので、別な感情もあるとは思いますが子どもの死は時間に関係なく辛いものです。
経験した人にしか、理解は難しいと思います・・・。

支えてくれる友人の気持ちは気持ちとして受取り、家族で支えあってください。
分かり合えるとしたら、家族しかいないと思います。

私も今でも生きていていいのか?
何の為に生きているのか?
分からなくなる時があります・・・。

by こうき (2015-11-02 01:29) 

たく

お返事ありがとうございました。
私も星空を見ると次男を思い出し涙が止まりません。次男は星が好きだったので家族でよく見ていました。天の川や夏の大三角形、木星や金星、土星も見た事を次々に思い出し次男の嬉しそうな顔が出てきて涙が止まらなくなります。

そうですね、一番理解してくれるのは家族ですよね。支え合って生きていかなければいけないですね。
友人にも本当に感謝の日々です。

この辛い日々はいつまで続くのでしょうか。
私が生きている意味はいつかわかるのでしょうか。
by たく (2015-11-02 21:49) 

こうき

>たくさん、コメントありがとうございます。
私も生きている意味が分かりません。
ただ、こうして天使パパのブログ!を通じて、同じように苦しんでいる人と繋がったり、情報を発信することで少しでも誰かの為になっているのであれば、私の気持ちとしては救われる思いです。

娘は意味もなく産まれたわけではないと信じています。
たった5日間でしたが、あの子なりのメッセージを届けに来てくれたと思っています。
そう思わないと娘が報われません・・・。

このブログが誰かの為になっている時点で、娘が生きた意味、そして私自身の辛い経験が無駄ではなかったと思いたいです。

私がギリギリのところで頑張ろうと思えるのは、このブログがあるからかも知れませんね・・・。

本当はもっともっと頑張って、閲覧者の方に希望を持てるような生き方をしたかったのですが、私ももう少し時間がかかりそうです。

個人差があるとは思いますが、悲しみは一周忌であったり三回忌が終わった頃、少し気持ちに変化があると思います・・・。

by こうき (2015-11-03 01:35) 

たく

私はあなたのブログに救われてます。
私の気持ちを理解してくれるあなたのコメントにお返事をくれる事に救われ感謝しています。
by たく (2015-11-03 11:24) 

こうき

>たくさん、コメントありがとうございます。
私も気持ちが通じ合えて嬉しく思います。

実は健康診断で引っかかりました。
再検査を受けなければならず、少し弱気になっています。
明日、初めての胃カメラです。

たくさん、体調には十分気を付けてくださいね!
by こうき (2015-11-05 13:58) 

たく

そうなんですね、私も色々あり気分が落ちていました。
再検査、心配ですね。私も胃カメラはした事がないです。不安ですね。何もない事を願ってます。
会ったこともない方の心配をしたりされたり、不思議な感じですね。でも心から思っています。
私の心配もしてくださり、有難うございます。
家族の為にも倒れる訳にはいかないので頑張りたいと思います。
by たく (2015-11-05 18:32) 

こうき

>たくさん、ありがとうございます。
何もないことを祈りながら、検査に挑んで来ます。
どんな結果であっても、全てを受け入れる心の準備はしておこうと思っています!
by こうき (2015-11-05 19:31) 

くーすけ

遅くなりましたが、娘さんお誕生日おめでとうございます。
きっと天使パパさんの心のこもったプレゼントに娘さん大喜びしてくれていると思いますよ。
私も、月命日にアンパンマンのオモチャを買いお供えしました。
なぜが、オモチャ屋さんに入ったらアンパンマンが目に入って仕方がなかったので、きっとママ、コレがいいよって教えてくれたのかな?と勝手に思い購入しました。

前回のコメントにも書かせていただきましたが、子供を失った傷が癒えるのがその子を忘れることになってしまうのではないかと私も怖くなるのです。
愛しい我が子。できることなら今すぐにでもあなたのそばに行きたいくらいなのに。
傷が癒えるなんて今は思えないけれど、何年もしたら癒えるのかな?癒える事が忘れることになるなら、私は一生傷なんて癒えなくていいって思います。
だから、天使パパさんの気持ちが分かるような気がします。

by くーすけ (2015-11-08 21:20) 

こうき

>くーすけさん、コメントありがとうございます。
私もアンパンマンのおもちゃを見た時に『あっ、これだ!』と思い買ってしまいました。

私は娘を失い4年が経ちましたが、心が癒えているかは分かりません。
ただ、くーすけさんの言う通り、癒えることが娘を忘れることになるのであれば、私も一生傷なんて癒えなくてもいいと思います。

子どもを亡くした現実に耐えることが出来ず、現実逃避する人がいますが、私は何の解決にもならないと思っています。

凄く悲しいし辛いですけど、とことん子どもの死と向き合うことが、一番ベストなのではないか?と感じています。
時間が経ち、たくさんの天使パパや天使ママとの交流が増えることで、自分の心境にも変化があるかも知れません。

その時は、随時ブログを更新しますので、よろしくお願いいたします。
by こうき (2015-11-09 10:04) 

りんご

こんにちは。
皆さんの意見などを、拝見させてもらってても本当に同感で、どうして自分がこんな辛い目にあわなければいけなかったのか、これからどうやっていきていけばいいのか…と毎日考える日々の繰り返しです。
でも、こうきさんのおっしゃるようにやはり、子供の死から逃げてはいけないし、目を背けず、向き合うことがなによりも、子供の供養になるんだと、実感します。
でも、私はまだ一年足らずでまだまだ、時間はかかりそうです。
一生かかるかもしれません。
その中でも、こうきさんのブログに出会えたことは、私も、感謝しています。
たくさんの、天使パパさん、ママさんの気持ちが痛いほど分かるので、私も1人ぼっちじゃないと思えます。
本当に、ありがとうございます。

お身体大事にしてくださいね。

by りんご (2015-11-09 13:04) 

こうき

>りんごさん、こんにちは!
こちらこそ、ありがとうございます。
私がこのブログを続けることができるのは、皆様方の応援の言葉があるからです。

同じ子どもの死でも、私とは全く考え方が違う人もいると思いますが、自分の経験や想いを伝え続けることで、少しでも何かのきっかけになってくれると嬉しいです。

逆に私も閲覧者の皆様方から学ぶことも多々あります。
たくさんの温かいコメントを頂くたびに、私もひとりじゃないと実感しています。

精神的にも辛いことが続くと心だけではなく、体にも悪影響を及ぼす可能性があるので、うまくコントロールしながら頑張りましょう!

いつでもご連絡くださいね。
by こうき (2015-11-09 15:01) 

うり

今朝方、あと10日で6ヶ月になる息子を亡くしました。とてもとても小さく産んでしまい、ここまで痛いこともすごく頑張ってくれていたので、今は少しホッとした気持ちと、でもだんだんと悲しさが増してきておかしくなりそうです。亡くなる直前にやっと抱っこすることができ、今もお家で私の腕の中におります。涙が止まらず、この子に何もしてあげられなかった後悔に打ちひしがれています。
同じような苦しみを体験された方のお話を読みたくてネット検索していたところ、天使パパさんのブログに辿り着きました。
気持ちも言いたいこともまとまりませんが、とにかくこの子が可愛くて愛しくてたまりません。つい数時間前まで動いてくれていたのが嘘のようです。
今後の私達は一体どうなってしまうのかとても不安ですが、皆様のお話を読ませていただきながら気持ちを落ちつかせようと思います。
最後になってしまいましたが、娘さんのお誕生日本当におめでとうございます。新入りのうちの子とも天国で仲良くしてくれると嬉しいです。
by うり (2015-11-14 08:27) 

こうき

>うりさん、コメントありがとうございます。
私も亡くなる直前に初めて娘を抱っこしました。
自宅に帰って来てからも、ずっと娘の側にいたので、うりさんのお気持ち痛いほど分かります。
うりさんもご自身でおっしゃっていますが、お子さんを亡くしたばかりで、どうしていいか分からないと思います。
でも、今は息子さんとの限られた時間を後悔のないよう過ごしてください。
私は手紙を書いたり、天国に持って行くぬいぐるみを選んだりしていました。
娘に伝わっているかは分かりませんが、うりさんの息子さんと仲良くしてね!と仏壇に手を合わせました。
これから、精神的な面で不安定になることが多々あると思います。
その時はいつでもご連絡ください。


by こうき (2015-11-15 13:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました