So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもの死は夫婦(親 )だけの問題ではない。「個」で考えるのは崩壊へのカウントダウン! [悩み]

子どもを失う経験をすると、底なしの喪失感に襲われます・・・。



心に大きな傷ができてしまい、もう二度とこんな辛い経験をしたくない、
という思いから、心を閉ざしてしまう人も少なくないでしょう!



『私もその中のひとりでした・・・。』



自分の直面する問題や不安な気持ちを、素直に吐き出すことが出来ず、
ひとりで苦しむ日々を過ごしていました・・・。



もしも、身近に私のような人がいたら・・・、
もしも、その人があなたにとって大切な人だとしたら・・・



『あなたから、その人へ手を差し伸べてあげてください!』



私は、ずっと「孤独」でした・・・。
何をしても、私の心はそこにありませんでした・・・。



『でも、そんな私を見捨てず、手を差し伸べ続けてくれる仲間がいました。』



その人たちのお陰で、今の私はいます・・・。
閉ざされた心の扉も、少しずつ、少しずつ、開くことができました。



以前、聞いたことがあります。
私『何で?そこまで気にかけてくれたんですか?』



友人『実は、僕も同じ経験をしたことがあるんだ・・・。』
   『それに、こうきくんだからチカラになりたいと思ったんだ。』



素直に嬉しかったし、
彼らに何かあったときは、「チカラになりたい」と思いました。



特別、私はSOSを出していたつもりはないし、
助けてもらうつもりは、全くありませんでした。



彼ら自らが考え、
私に対して、動いてくれた。
ただ、それだけのことなんですよね!


そんな話をすると、負けじと、
『どうして言ってくれなかったの?』



と、言う人が現れます。
でも、私はつくづく思うんですよね・・・。
『どうして言ってくれなかったの?』



と、言う人には言いませんよ・・・。
なぜなら、子どもを失う経験をしていない人に話をしても、
理解をしてもらえるとは思っていないし、冒頭に書いた通りです。



私に言わせてもらえれば、最後まで諦めず、手を差し伸べてくれる人は、
『どうして言ってくれなかったの!』



とは言いません。
言ってくれないと分からない人は、話をしても分からない人だと思います。



分かってくれる人は、言葉より先に行動し、
すでに、あなたのチカラになってくれているはずです!



ひとりで苦しんでいる人には、
自分が話をしたことによって、否定されたらどうしょう・・・

共感されず面倒に思われたらどうしよう・・・

頭がおかしくなったと思われていたら・・・



大きな喪失感と、これ以上傷付きたくないという恐怖と闘っています。
大切な子どもを失う経験をしたことで、心は崩壊しボロボロなんです・・・。



そんな時に自分の気持ちを否定されたら、
その人との繋がりが面倒になり、関係が崩壊する可能性もあります。
子どもを失うことは、人生で最も辛く悲しいことです。



心に余裕がない時期は、
人との繋がりが面倒になったり・・・

他人に攻撃的な態度をとったり・・・

自分の未来や「死」について考えたり・・・



負のスパイラルに陥ることもあり、精神が不安定なはずです。
本当は大声で叫びたいときもあります。



悲しいよ・・・

寂しいよ・・・

苦しいよ・・・



誰か自分の声に気付いて欲しいと・・・。
でも、こんなときだからこそ気を付けてくださいね!



この時期はとても大切な時期でもあり、大変危険な時期でもあります。
ここぞとばかりに近づいてくる人たちがいます。



例えば、宗教法人。
私たちは引っかかりませんでしたが、人の弱みにつけこむ人たちは必ずいます。
これまで付き合いのあった友人たちの中にも、いないとは限りません・・・。



また、残された家族のことを何も考えず、遊びに連れ回す友人も危険です。
心配は心配なんでしょうけど、そういう人たちは、あまり深く考えていません。



でも、弱っている側は「救世主」だと思っているので、気が付けないんですよね。
「子どもの死」は、夫婦(親)だけの問題ではなく、家族の問題でもあります・・・。



一時的に気分転換が出来ても、
本質を改善しようとする気持ちが無ければ、何も変わりません。



家族の問題を「個」のレベルで解決しようとしたら、
崩壊へのカウントダウンが、始まるかも知れませんよ・・・。



自分がどうしていいのか分からないときほど、
未来への決断はせず、慎重に行動をするべきです。



辛いときほど「グッと」堪えて、今の時間と「とことん」向き合う気持ちが必要です。
そのときは苦痛かも知れませんが、その時間は必ず、実となり花となります。



過去の記事を読んでいたら、「孤独」だった自分に対して、
『悪いことばかりじゃないぞ!』



と言いたくなったので、今回の記事にしてみました。
少しでも誰かの心に響くと嬉しいです・・・。



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

りんご

こうきさん、お久しぶりです。
ほんとに、子供の死というものは、この世の中で、最も辛く、苦しく、悲しいものです。
どうして、自分が、今の現実を生きなければならないのか、その答えはまだ、わかりませんが、現実から目を背けず、辛いけどきちんと受け入れて、これからの人生を、しっかりと歩んでいかないといけないと、思っています。
こうきさんは、宗教法人は危険とかかれていますが、私はそうではない場合も、あるような気がします。

ほんとに、全ての出来事に意味があるということは、誰も同じだとおもうので、自分を見つめ直して、生きていることに、感謝しながら、前に進んでいくしかないと思います。
息子の為にも…

こうきさんも、頑張ってくださいね!
ずっと、応援しています。

by りんご (2016-03-28 19:40) 

こうき

>りんごさん、お久しぶりです!(^ ^)
どう過ごされているか、凄く気になっていました。

少し誤解があると困るので、弁解をさせてください。
宗教法人を全面的に否定する気はありません。

ただ私たちが勧誘された時、あまりいい気はしませんでした。
その理由は、「娘が亡くなったのは運命ではなく、何らかの力が働いてからではないか?」と言われたからです。

はっきり言って、怪しすぎます…。
でも、それで気持ちが楽になり、未来への希望が持てるのであれば、全然良いのではないでしょうか?
私たちが違っただけです!

りんごさんからのコメントには、いつも励まされ、また刺激を受けています。
今回、宗教法人のお話があったので、次回のブログ記事にしたいなと思っています。
でも、批判的なことを言うつもりはないので安心してくださいね!

いつもありがとうございます!
by こうき (2016-03-29 00:19) 

りんご

こうきさん、ありがとうございます(*^^*)
本当に、こうきさんは優しいですね。
内心、ちょっとお気に触られるのではないかと、心配でした。でも、ありのままの自分を伝えたかったので、正直な気持ちをコメントしました。

本当に、その宗教法人は怪しい(ーー;)ですね!
私は、自分自身を見つめ直す為…
そこから、また何か見えてくるものがあると、信じて頑張って生きていこうって思い始めることができました。

それも、こうきさんと同じで自分を心から支えてくれた、大切な人や家族のおかげでここまで来れたと、感謝しています。

また、ブログ楽しみにしています。
ありがとうございます!

by りんご (2016-03-29 22:59) 

こうき

>りんごさん、返信ありがとうございます!(^ ^)
ありのままのりんごさんでいてください。
それでいいと思います。

前向きな気持ちで、頑張っていこうと思えてよかったです。
私はホントに時間がかかったので、今頃、辛い時間を過ごされているのではないか?と心配をしていました。

私も頑張りますので、りんごさんも頑張ってくださいね!
by こうき (2016-03-29 23:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。