So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもの死を経験した天使パパと天使ママ、子どもの死をどう乗り越えましたか? [メンタル]

先日、コメント欄のやりとりで宗教法人の話題になったので、今回、その件も含めブログ記事にしたいと思います。



子どもの死に限らず、心に大きな傷を負うと、いつもドキドキしている状態が続き、突然、妙な緊張感と不安に襲われることがあります。



その影響で食欲がなくなったり、眠れない人もいるのではないでしょうか?
子どもを亡くされた方は、軽度重度はあるにせよ、一度は経験していると思います。



これらの症状が重症化すると「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」が現れ、自然回復が難しいと言われています。



他の病気同様、早期の治療が望ましく病院での治療を推奨されていますが、早期であれば自然治癒によって回復することもあります。



子どもの死はただ苦痛なだけではなく、生き生きとした日常生活を送ることが出来なくなり、今後の人生に大きな影響を与える出来事です。



そんな大変な時期に巧みな話術で近づき、マインドコントロールで、心の隙間に入ろうとする人たちがいます。



その一例として、「宗教法人」と書きました。
理由は、娘を亡くして間もない時期に「ある宗教法人」から勧誘されたのです。



人との接触を避けたい私たちは丁重にお断りしましたが、娘の話題など、あらゆる手を使い気を引いてきます・・・。



『娘が亡くなったのは運命ではなく、何らかの力が働いたからではないか?』



一度でいいから、上の人に会って話を聞いて欲しいと言われたのです・・・。
正直、不快でした。



『まるで、私たちの普段の行いが悪いから娘は亡くなった。』



と言われた気分でした。
親しい知人だったので、複雑な気持ちになりました。



そんな過去の体験から「宗教法人」の印象が悪く、あのように書いたのですが、何かに依存することで、自分の気持ちが楽になるのであれば、ひとつの方法として、考えてもいいのかな?と思います。



娘が新生児仮死で生まれた時、私は新生児仮死という言葉ひとつ分からず、携帯で検索しました。



今まで分からなかったことが、携帯で検索をすれば簡単に出てくる世の中です。
故に何かあれば携帯を出してしまうのですが、これもひとつの依存なんですよね。



上記以外にも、タバコやアルコール、ギャンブル、恋愛など様々な依存がありますが、度を越えさえしなければ問題はないような気がします。



ただ私が一番怖いと思うのは、子どもの死を受け入れられず、何かに依存し過ぎてしまうことです。



過度の依存によって、辛いことを忘れられると言う人もいましたが、忘れると乗り越えるは全く別物です。



何かに依存している時はいいですが、その魔法が解けると、また悲しさが襲ってきます・・・。



その悲しさから解放される手段を知ってしまった人は、解放されるために、量や回数が徐々に増えていきます。



これがアルコールならアルコール依存症だったり、恋愛なら不倫へと発展することもあります・・・。



前回の記事に書いた「個」で解決しようとしたら、崩壊へのカウントダウンが始まるかも知れないとは、こういうことです。



私は娘の死と、とことん向き合いました。
娘の動画を毎日のように見ては、たくさん泣き、娘の仏壇に手を合わせました。



誰かが見ていたら、病気じゃないかと思われるくらい、娘、娘、娘でした。
妻にさえ、「どうしちゃったの?」と言われるほどでした・・・。



どんなに辛くても、私は娘の死から逃げようとは思いませんでした。
だからこそ、今の私がいます。



幼少期に母を亡くし、当時も辛く悲しい日々を過ごしましたが、子どもはお金も知恵もないですから、何かに依存しようとか、母のところへ行こうという発想にはなりませんでした。



ただ辛く悲しい毎日を、グッと堪えるしか出来ません。
でも、人として恥じない人生を歩んでいれば、必ずいつの日か、大切な家族の死を乗り越えられることを私は知っています。



私の父のように、母の死を受け入れられず「個」で考え行動した結果、私たち家族に見放されました。



『どんなに努力をしても、一度失ってしまった信用は元には戻りません。』



何かに依存して周囲が見えなくなっている時はいいんですが、時間が経ち、ふと我に返った時には本当の孤独が待っているかも知れません。



だから、私はこのブログで言い続けています。
『辛いかも知れないですが、子どもの死から逃げないでください。』



p.s.
これは、私個人の体験から学んだことなので、「そういう考え方もあるんだ・・・。」
くらいの感覚で読んでいただけると嬉しいです。
最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます!



天使パパのブログ!人気記事ランキング!はこちらをどうぞ。



nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

りんご

こうきさん、こんにちは(^-^)
私の意見なんかを、取り上げて頂いて本当にありがとうございます。
こうきさんの、おっしゃる通り''依存''
することは、本当に恐ろしく、なかなか抜け出せないものです。
それで、苦しみ、自分でも自覚がなくなって、わからなくなってしまいますね!
依存つまり、執着ですね!
私も、この一年息子の写真や、動画をみては悲しみ、自分を責め、後悔し続けました。
でも、それはつまり執着なんです。
それによって、私は周りが見えなくなって、家族や、友人を知らないうちに苦しめていたかもしれません。
前、こうきさんもおっしゃっていた通り、周りも同じように、辛く苦しかったということを、少しずつ分かるようになってきました。
やはり、息子の為にも依存しないように、共に、魂で一緒に生きていけるように前を向いて、笑顔で暮らして行かないといけないとおもっています。

でも、自然現象で涙もでますが、また、それでも1日、1日を大切に生きていきたいですね^ ^

こうきさん、凄いとおもいます。
辛いことから、逃げずに、向き合って、また、強くなって、乗り越えていって、その先には、絶対に幸せがまっていますよ!
頑張ってくださいね!

by りんご (2016-04-05 17:46) 

こうき

>りんごさん、コメントありがとうございます!

今思えば、りんごさんのおっしゃるとおり、私も娘に執着し過ぎていたのかも知れません。

私にとって、娘は全てでした。
例えどんな事情があるにせよ、今は産んでくれた両親に感謝しなければいけないのかな!?と思うことがありますが、子どもの頃から「自分はあんな親にはならない!」と心に誓っていました。

それを実現することで、自分のあり方を証明したかったのかも知れません。

しかし、結局自分の親のように私も娘を守れませんでした。
でも、私は供養という形で一生背負って生きていきます。

落ち込んでいる私を見て、「次があるじゃん!」と励ましの言葉を言う人がいますが、いつも「次って何?」と思っています。

娘は娘なので、次の子は娘ではありません。
ですから、生きていてもお空にいても、娘の為にできることは違うかも知れませんが、親としてしっかりやっていきます。

りんごさんなら、大丈夫です。
自分と家族を信じて、前に進んでください!
ホント、応援しています。^^;

by こうき (2016-04-06 12:12) 

りんご

こうきさん、いつもお返事ありがとうございます(*^^*)
私も、あれから色々考えましたがホント、執着はいけないかもしれませんが、実際私達経験したものにしか、この苦しみはわからないと思います。
だから、頭では、分かってることでも心が、言うことを聞かない時が多々ありますね…
だから、同じように経験してるこうきさんをみながら、とことん子供と向き合うことで、少しずつ変わることが出来たら嬉しいです^ ^

いつも、見守って頂いてありがとうございます!



by りんご (2016-04-07 07:14) 

こうき

>りんごさん、いつも返信ありがとうございます!

私も色々考えました。
私も娘に執着していたので、痛いほど気持ちが分かります。

今はだいぶ落ち着いて、娘に対しての執着心はなくなりました。
でも、それはそれで切ないんですよね。
何だか風化してしまった気がして…。

お互い、色んな葛藤があると思いますが、本当に頑張っていきましょう!


by こうき (2016-04-07 16:23) 

ひかり

天使パパさん、初めまして、こんにちは。
2週間前に11ヶ月の息子を亡くしましたひかりと申します。
「死別、子供」などと検索しては何か少しでも心のつかえが和らぐような記事はないか探して探して天使パパさんのブログを見つけました。
執着は良くないと知りつつ、息子の写真や動画を毎日どっぷり眺めています。あ、この方法は間違いないではないのかなと勇気を頂戴しました。息子がくれたものなら、苦しみだろうと悲しみだろうとしっかりと受け止めようと思います。そしていつか天使パパさんのように同じ苦しみに耐える方へ優しく寄り添えるような言葉を紡ぐことができたら良いと思います。ありがとうございます。
ブログの引っ越しや編集作業も大変かと思いますが、季節の変わり目の折、お身体を大切にされて下さい。
取り急ぎ感謝の気持ちだけ伝えさせて頂きます。またゆっくりと記事を拝見させて頂きますね。
by ひかり (2016-06-08 07:38) 

こうき

>ひかりさん、コメントありがとうございます!

ひかりさんの辛いお気持ち凄く分かります。
今は身体だけでも、ゆっくり休んでください。

私は異常なほど娘に執着していました。
ひとりのときは、毎日NICUにいた娘の動画を見ました。
スマホの待ち受けも娘で、どんな時も忘れることはありませんでした。

ひかりさん、それで良いと思います。
自分の気持ちに正直になってください!

当時、私は生きた心地がせず、毎日見えない敵と戦っていました。
辛すぎて自分を見失うことも度々ありました。

でも、逃げることだけは絶対にしませんでした。
娘に恥じることもしていません。
「私のやってきたことは間違っていない!」と自信を持って言えます。

だからこそ、今の自分がいると思っています。
もっと勇気や希望、癒しを与えられるような人になれるように頑張ります!

ひかりさん、またコメントくださいね!

by こうき (2016-06-09 00:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。