So-net無料ブログ作成
検索選択

独身高齢者の孤独死について少し考えた結果、他人事ではないことに気付く・・・。 [雑談]

孤独死が深刻化・・・

孤独死.jpg

近年、孤独死が社会問題として大きく取り上げられ深刻化しています。その背景には、少子化、未婚、核家族化が原因と考えられ、年間4万件を越す統計データも。誰にも気付いてもらえず、ひとり寂しく死んでいくことを想像しただけでも恐怖しかありません・・・。



「なぜ?」このような話に触れたかと言うと、知人がこの問題に直面したからです。警察や医療関係者に問い合わせをしても、「事故?病気?」いずれも親族以外には回答できないと言われ、真実は闇の中へと葬られました。



『つまり、お線香を焚くことや手を合わすことすら出来ませんでした・・・。』





スポンサーリンク













個人情報保護法の壁・・・

個人情報保護法の弊害によって、近所の人や会社の同僚、友人までもが世話を焼くことが難しい時代へと変化しつつあります。



数年前に友人が急死した際にも、個人情報保護法の壁に悩まされ、未だに別れの挨拶が出来ていません。結局、家族(親族)しか何もしてあげられないということです。そのことを考えると、ある大きな問題が浮かび上がります。



父の存在・・・

それは、疎遠になっている父の存在です。市役所で父の戸籍を調べれば、私の居場所を簡単に見つけることができるでしょう。



ただし、個人情報保護法の壁があるので、警察などの行政機関か民間であれば弁護士くらいしか合法的に調べることが出来ません。「便りがないのは良い便り」ということわざがあるように、何かあれば必ず私に連絡があるはずです。



愛娘を亡くすまでは、父に何があっても一切関わらないと決めていましたが、今は考え方が変わり、必要最低限の責任を私も背負うつもりでいます。



憎しみからは何も生まれないですし、憎しみを相手にぶつけても必ず自分に返ってきます。その結果、自分の心が傷付き、もっと辛い思いをするかも知れない・・・。



愛娘が亡くなった時、全ての現実を受け入れることが出来ず、「これは何かの呪いではないか?」と真剣に悩んだ時期がありました。例え自分が正しくても、必要以上に誰かを苦しめたり傷付けてしまうと必ず返って来ます。



『因果応報というやつですね。』



ですから、もし因果応報があるのなら自分の代で負の連鎖は止めたいと思っています。











スポンサーリンク













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました