So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもの死を経験した天使パパと天使ママ、子どもの死をどう乗り越えましたか? [メンタル]

先日、コメント欄のやりとりで宗教法人の話題になったので、今回、その件も含めブログ記事にしたいと思います。



子どもの死に限らず、心に大きな傷を負うと、いつもドキドキしている状態が続き、突然、妙な緊張感と不安に襲われることがあります。



その影響で食欲がなくなったり、眠れない人もいるのではないでしょうか?
子どもを亡くされた方は、軽度重度はあるにせよ、一度は経験していると思います。



これらの症状が重症化すると「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」が現れ、自然回復が難しいと言われています。



他の病気同様、早期の治療が望ましく病院での治療を推奨されていますが、早期であれば自然治癒によって回復することもあります。



子どもの死はただ苦痛なだけではなく、生き生きとした日常生活を送ることが出来なくなり、今後の人生に大きな影響を与える出来事です。



そんな大変な時期に巧みな話術で近づき、マインドコントロールで、心の隙間に入ろうとする人たちがいます。



その一例として、「宗教法人」と書きました。
理由は、娘を亡くして間もない時期に「ある宗教法人」から勧誘されたのです。



人との接触を避けたい私たちは丁重にお断りしましたが、娘の話題など、あらゆる手を使い気を引いてきます・・・。



『娘が亡くなったのは運命ではなく、何らかの力が働いたからではないか?』



一度でいいから、上の人に会って話を聞いて欲しいと言われたのです・・・。
正直、不快でした。



『まるで、私たちの普段の行いが悪いから娘は亡くなった。』



と言われた気分でした。
親しい知人だったので、複雑な気持ちになりました。



そんな過去の体験から「宗教法人」の印象が悪く、あのように書いたのですが、何かに依存することで、自分の気持ちが楽になるのであれば、ひとつの方法として、考えてもいいのかな?と思います。



娘が新生児仮死で生まれた時、私は新生児仮死という言葉ひとつ分からず、携帯で検索しました。



今まで分からなかったことが、携帯で検索をすれば簡単に出てくる世の中です。
故に何かあれば携帯を出してしまうのですが、これもひとつの依存なんですよね。



上記以外にも、タバコやアルコール、ギャンブル、恋愛など様々な依存がありますが、度を越えさえしなければ問題はないような気がします。



ただ私が一番怖いと思うのは、子どもの死を受け入れられず、何かに依存し過ぎてしまうことです。



過度の依存によって、辛いことを忘れられると言う人もいましたが、忘れると乗り越えるは全く別物です。



何かに依存している時はいいですが、その魔法が解けると、また悲しさが襲ってきます・・・。



その悲しさから解放される手段を知ってしまった人は、解放されるために、量や回数が徐々に増えていきます。



これがアルコールならアルコール依存症だったり、恋愛なら不倫へと発展することもあります・・・。



前回の記事に書いた「個」で解決しようとしたら、崩壊へのカウントダウンが始まるかも知れないとは、こういうことです。



私は娘の死と、とことん向き合いました。
娘の動画を毎日のように見ては、たくさん泣き、娘の仏壇に手を合わせました。



誰かが見ていたら、病気じゃないかと思われるくらい、娘、娘、娘でした。
妻にさえ、「どうしちゃったの?」と言われるほどでした・・・。



どんなに辛くても、私は娘の死から逃げようとは思いませんでした。
だからこそ、今の私がいます。



幼少期に母を亡くし、当時も辛く悲しい日々を過ごしましたが、子どもはお金も知恵もないですから、何かに依存しようとか、母のところへ行こうという発想にはなりませんでした。



ただ辛く悲しい毎日を、グッと堪えるしか出来ません。
でも、人として恥じない人生を歩んでいれば、必ずいつの日か、大切な家族の死を乗り越えられることを私は知っています。



私の父のように、母の死を受け入れられず「個」で考え行動した結果、私たち家族に見放されました。



『どんなに努力をしても、一度失ってしまった信用は元には戻りません。』



何かに依存して周囲が見えなくなっている時はいいんですが、時間が経ち、ふと我に返った時には本当の孤独が待っているかも知れません。



だから、私はこのブログで言い続けています。
『辛いかも知れないですが、子どもの死から逃げないでください。』



p.s.
これは、私個人の体験から学んだことなので、「そういう考え方もあるんだ・・・。」
くらいの感覚で読んでいただけると嬉しいです。
最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます!



天使パパのブログ!人気記事ランキング!はこちらをどうぞ。



夫婦の価値観の違いについて! [夫婦仲]

夫婦や恋人、仲の良い友達でも「ん?」と思うことがあります。
人の価値観は多種多様なので、何が正しいのか分かりません。



ただ多くの人は、自分と同じ価値観の人といる方が楽なので、そういう相手を選ぶのではないでしょうか?



どちらかと言うと、私もそうです。
過去に苦労や挫折をして、這い上がった人たちが多いですね。



相手の痛みも分かるし、例え価値観が違ったとしても、精神的ゆとりがあるので、相手に価値観を押し付けようとしません。(あくまでも、私の周りの人です。)



しかし、つい先日、別のグループの人たちと飲む機会がありました。
性格が合わず少し苦手な人もいたので、参加するかどうか少し悩みましたが、いい機会なので行くことにしました。



もしかしたら、本当の彼らを知らないだけで、飲み会を通じて、新しい発見や交流が深まる可能性があると思ったからです。



和気あいあいの雰囲気で、楽しい時間を過ごしていましたが、お酒の力も加わり、毒を吐く人も現れました。



友人A 『俺、あの人嫌いですけど、こうきさんはどうですか?』

私 『あの人ね~、良い人だと思うよ!』

友人A 『またまた~、言っちゃいましょうよ~!』



私を悪の道へと引きずり込もうとします。
他の数名も便乗して、批判を始めました。
(この飲み会、怖い・・・。)



この話題に飽き始めた彼は、別の獲物を探します。
次の獲物は、まさかの奥さん・・・。



話を聞くと、奥さんの両親とは結婚してから一度も会っていないそうです。
顔合わせの時に何か揉めごとがあったようですが、詳しくは聞いていません。



彼は相当不満だったようで、義理両親の批判を始めました。
友人A 『あれは、さすがにないでしょう~!』

     『俺は合わないし、両親と結婚したわけじゃないから知らないよ~!』



彼の奥さんは、裏表のない彼の性格が好きなようですが、例え冗談でも言ってはいけないことがあると思っています。



義理両親の批判をし続ける彼に、
私 『それが、結婚なんじゃねぇーの・・・。』



と思わず、言ってしまいました・・・。
終始、人の批判をしなかった私が放った一言で、一瞬時間が止まりましたが、奥さんのことを考えると黙ってはいられませんでした。



自分の愛した人を産み、育ててくれた両親をどうして愛そうと思わないのか?
それが出来ないのなら、結婚をせず、ただ付き合っていれば?と思うのは、私だけなのでしょうか?



「誰かに知って欲しい」「好かれたい」と思ったら、自分から相手を知る努力をしなければならないと思っています。



そんな彼らが幸せならいいのですが、私たちのように子どもを失った時、支えになるのは家族であり、こういった夫婦の価値観の違いは、今後の生活に大きな影響を及ぼすと私は考えています。



カップルが価値観の違いで別れて復縁することはあっても、夫婦のこういう価値観の違いはカップルとは異なり、早めに修正しないと取り返しのつかない事態になりかねません。



私から見た二人の夫婦生活は、あまりにも衝撃的でした。
他のご家庭はどうなのかな?と思い、今回の記事にしました・・・。



粉瘤?脂肪腫?これは何?自然治癒はあるのか・・・ [体調]

今から4~5年前になるでしょうか・・・



頭を洗っていると後頭部にしこりの様なモノがあることに気が付きました。
痛みは全くなく、僅かにボコっとした感触が・・・



当初は、爪で膿を絞り出し自然治癒を期待していましたが、あまり触りすぎるのも悪化の原因になりそうなので、しばらく様子をみることに・・・



私自身も痛みがないことから、あまり深くは考えていませんでしたが、兄の病気の件以来、自分の中で何かが変わり始めていました。



「一度病院で検査を受けた方が良いのかな?」
と思っていた矢先、行きつけの美容室で言われたのです・・・。



『前より大きくなっているけど、大丈夫?』



何かの縁というか・・・
「病院に早く行け!」というお示しなんだと思いました。



そこで先日、地元の病院に行って来たんですが、無駄に840円支払わされて帰って来ました。



『やっぱり、田舎はダメですね・・・』



そこの病院では、対応が出来ないと言うのです。
その理由は、頭部にはたくさんの神経があるので、手術前にCT検査を受ける必要があるとのこと・・・



また、受診する科は皮膚科ではなく、形成外科だとも言われました。
しかし、地元の病院には、いつでも検査を受けられる形成外科はないのです。



そこで、札幌市内にある形成外科の中から、オススメの病院を教えてもらいました。
その日は診察時間の関係で行くのを断念し、日を改めて札幌へ!



続く・・・



p.s.
ネットで調べると脂肪腫や粉瘤で苦しんでいる人が結構いることに驚きました。
すでに手術をして完治している人のブログを読んで参考にさせていただいているんですが、体験談って本当に心強いですよね。
ちょっと場違いかも知れませんが、同じような悩みのある人の為にも、何回かに分けて書いていこうと思っています。



医師の診断結果、粉瘤摘出手術へ!医療保険もおりる? [体調]

前回の続きです・・・



日を改めて、札幌市内の病院へと向かいました。
その病院の皮膚科・形成外科は評判が良く、実際に行った感想としても雰囲気が良い病院でした。



受付けから診察まで30分くらい待たされましたが、健康診断で行く病院に比べたら、時間も短くストレスを感じることはなかったです。



医師の診断結果は、
『私の予想通り、粉瘤でした!』



医師が触った感じでは、悪性のシコリでは無さそうなので、私自身ひとまず安心はしましたが、粉瘤が自然治癒することはありません。



そこそこ大きく成長しているので、早期の切除を勧められました。
私も以前から気になっていたので、医師に「どちらでもいいですよ!」と言われても切除する予定でした。



二つ返事で出術の同意書に記入し、手術の説明を聞きました。
手術は特別難しくはないものの、頭部にメスを入れるとなれば多少の不安はあります。



頭部には色々な神経があるので、簡単に切除出来るのか?

何らかの後遺症は残らないのか?
(髪が生えないなど・・・)

手術の際に丸刈りにされるのではないか?



そういった心配もありましたが、今のところ問題はなさそうです。
もちろん、頭部にメスを入れるわけですから何が起きるか分かりません。



医師の説明では、毛根を避けながら頭部を切るくらい繊細な手術を行うので、傷跡はほとんど残らないと言われました。



ただ頭部ということもあって、化膿して菌が入ったりすると大変なことになるので、必ず翌日の検査は受けてくださいと医師に言われました。



一応、日帰りでの手術になりそうですが・・・、
体調次第では一日入院することになるかも知れません。



今回の執刀医は女性医師のようなので、女性ならではのきめ細やかな施術を期待しています。(名医だといいな・・・)



正直、少しだけ不安と恐怖はありますが、娘が頑張っていた光景を思い出したら、恥ずかしくて弱音なんか吐けないですよね・・・。



まだ手術まで1ヶ月弱ありますが、医療保険もおりるようですし、体調をしっかり整え万全の状態で挑みたいと思います。



p.s.
この話を友人にしたら、わざわざお守りを買って来てくれました。(とてもありがたい!)
でも、何故か西野神社で買って来たらしく、私的には子宝に恵まれるといいなぁと期待をしています。(o^^o)