So-net無料ブログ作成

失敗は成功のもと?ブログを始めて気が付いたこと! [後悔]

失敗は成功のもと!

「失敗は成功のこと。」よく耳にする言葉のひとつですが、必ずしも成功に繋がるとは限りません。



人命に失敗は許されませんし、医師でない限り、この失敗をどう次に繋げるのでしょうか?



もうウンザリしていました。
会う人会う人の励ましの言葉に・・・。



「まだ若いから次があるよ!」と言われ、私はどう返答すれば。
まともに他人の言葉を聞くのが苦痛となり、会話をしても上の空が多くなった時期がありました。



そんな時、大切な人を立て続けに失いました。
救おうと思えば救えた命。



今更後悔をしても、時間は戻りません。
分かっていながら、同じことを繰り返す人間は「ただのバカでしかない。」



『そうです!私はきっとバカなんです!』


続きを読む


医師のおごりが招いた結末は? [後悔]

もしかしたら、医療ミス?

医師のおごり.jpg

妻は少し血圧が高く、念のため管理入院していた。
入院中の医師との面談で、治療の経過や分娩方法を話し合う機会があった。



もしも出産予定日を過ぎて陣痛がない場合は、「帝王切開での分娩に切り替えるという内容だった。」



当時を振り返ると、その病院で帝王切開手術を行う場合、毎週水曜日と決められていた。(緊急時を除く!)



つまり、娘の出産予定日である10月26日(水)に帝王切開手術を受けなければ、翌週の11月2日(水)まで待たなければならない。(その間に陣痛がくれば普通分娩!)



正直、私たちは迷った・・・。
当時妻がよく言っていたのは、「赤ちゃんはお母さんのお腹の中に居る時間が長い方が良いらしいよ!」



子どものことを考えたら、出産予定日に帝王切開手術をするよりも、もう少しお腹にいた方が良いような気がしたし、妻の身体の負担も考えると、身体にメスを入れるのは望ましくない。



今思えば私たちの考えは甘く、人命を最優先するべきだったと後悔しているが、当時は陣痛がきて自然な流れでの出産が一番安全だと思っていた。



そこで、私たちは医師に希望を伝えた。
『普通分娩を希望しますが、何かリスクなどありますか?』


続きを読む


左足首の靭帯断裂…、全治半年! [後悔]

左足首の靭帯損傷!

先週の日曜日、サッカーのチーム練習がありました。
その時にチームメイトと接触し、左足首を損傷・・・。



チームメイトがバケツに氷水を用意してくれて、その後一時間くらい足を冷やしたので、靭帯の損傷を最小限に抑えることができたのでしょうか?



足首を見た感じでは少し腫れてはいるものの、まだ内出血しているような感じではなかったので、一週間もすれば完治するだろうと思っていました。



しかし・・・


続きを読む


靱帯断裂は誤診?セカンドオピニオンの重要性! [後悔]

医師への不信感!

すぐに妻とチームメイトから連絡があった。
「本当なの?」と医師の診察に疑問を抱いていた。



私自身も医師の診察には違和感があった。
骨はレントゲンで確認をしているので信憑性はあったが、靭帯の断裂の件に関しては懐疑心しかなかった・・・。



「触診しない医師を信用するな!」と聞いたことがある。
整形外科なら尚のこと、触診しないで判断できるのだろうか?
ほぼ目視で判断した医師を、信用することはできなかった。



妻 『一生の問題なんだから、違う病院で検査をした方がいいと思う。』という言葉に背中を押され、すぐに違う病院へと向かった!


続きを読む


大切なものはいつだって、失ってから気が付く! [後悔]

友人の死!

娘が亡くなってからも、いつもと変わらない笑顔で私の前に現れる友人。
彼は彼なりの悩みがあったようですが、何があっても変わらないところが彼の良さでもありました。



私はそんな彼のことが心配で「何かチカラになれれば・・・。」と思っていましたが、行動に移す余裕はありませんでした。



それだけ、私は自分のことで精一杯でした。
今となっては、後悔しかありません・・・。



彼との出会いは中学生時代。
彼は「湘南暴走族」に出てくるようなヤンキーでした。



喧嘩っ早く、暴走族を見つけると追ってしまうような彼。
何処に逃げようとも彼から逃れることは出来ません・・・。


続きを読む