So-net無料ブログ作成
旅日記 ブログトップ

北海道鹿追町 『秘湯かんの温泉』 がリニューアルオープン! [旅日記]

あの幻の秘湯がリニューアル!

北海道鹿追町にある幻の秘湯かんの温泉。治らない病気はないと噂が広まり、全国から湯治目的で来るほど有名な温泉でした。



しかし、利用客の減少やオーナーの体調不良で、2008年12月に休館。その後、2011年に当時の運営会社は破産するものの、地元企業が施設を買収し、2014年8月19日に営業を再開。現在は日帰り入浴のみで、9月からは宿泊施設とレストランを営業する予定。



https://www.google.co.jp/maps/@43.3251692,143.047478,16z



グッチーの今日ドキ!

先日、グッチーの今日ドキ!の放送を見てから気になっていたかんの温泉。早速、昨日行って来ました!



時間短縮と疲労軽減の為、高速道路を利用した結果、出発から約3時間で到着。事前に営業時間を調べ、到着後すぐに温泉を満喫できると期待していましたが、私たちを待っていたのは・・・



かんの看板.JPG


続きを読む


かんの温泉~然別湖を経て、北海道グルメ旅定番の帯広豚丼はげ天へ・・・。 [旅日記]

神秘の湖、然別湖!

然別湖.JPG



鹿の湯を後にした私たちは、然別湖へと向かいました。然別湖へ行けば、日帰り温泉があると思ったからです。然別湖は北海道で一番標高の高い場所にあり、透明度も高く神秘の湖と言われています。



然別湖畔を探索していると足湯を発見!
足湯.JPG



私たちは靴下を脱ぎ足湯に入りましたが、熱すぎて我慢出来ません。その姿を見ていた遊覧船売り場のおじさんが・・・、



『手前は熱いから奥に行きなさい!』



私たちは言われたとおりにしましたが、それでも熱くて入れません。出川ばりのリアクションをする私たちを疑うおじさんが手を突っ込み・・・、



『今日は熱いな~。苦笑』



我慢して足湯に入っていると次第に足も慣れ、全身がポカポカと温まり、少し温泉に入った気持ちになりました。このまま然別湖畔温泉で、日帰り入浴を検討するものの、営業時間まで一時間待ち。まだ10時前で来る途中にもいくつか温泉があったので、時間の都合上、次の目的地帯広へ・・・。


続きを読む


北海道の夏、毎年恒例のバイクツーリング 2015! [旅日記]

先日、毎年恒例のバイクツーリングに行って来ました!

出発.jpg






今回の目的地は・・・、

『寿都の元祖かき小屋吉野商店!』

かき小屋外.jpg






日本海の漁師町、寿都に2011年オープン!

北海道のかきと言えば、厚岸のイメージが強いですよね~。

こんな近場でかきを味合う事ができるとは思ってもいませんでした。



この寿都という町は札幌から約2時間30分の場所にあり、

向かうルートによっては積丹半島やニセコ、洞爺湖に立寄る事ができます。

北海道のバイクツーリングにおすすめのスポットですね!



私たちのルートは北海道の空の玄関口でもある千歳から支笏湖方面へ向かい、

美笛峠 → 北湯沢 → 洞爺湖 → 豊浦 → 静狩峠 → 寿都でした。



北海道も6月に入ってから暑い日が続いていたので、

気持ち良いバイクツーリングを期待していましたが、当日の天気予報は雨マーク・・・。

それでも去年の教訓を生かし、カッパ着用で寿都へと向かいました。



自宅を出発する時こそ、今にも雨が降りそうな曇空でしたが、

千歳から支笏湖線を走り始めた辺りから天候に恵まれ、

結果的には、気持ち良いバイク日和となりました。



寿都まで3時間半ほどかかりましたが、

途中にある道の駅でキノコフランクを食べたり、

湧き水を飲んだりと少し道草をした結果です・・・。

洞爺湖.jpg

<洞爺湖>





寿都に到着し真っ先に元祖かき小屋吉野商店へ!

かき小屋店内.jpg






この元祖かき小屋吉野商店では、1~6月の間、

4500円で45分間かきが食べ放題らしいのです。

かき小屋メニュー.jpg






私たちは無難にかきを20個、はまぐり30個、ホタテ6枚、おにぎりを注文し、

海の幸.jpg



かき.jpg






あっという間に完食!

完食.jpg






かきはかき小屋と言うだけあって絶品で、ホタテも最高でした。

ただどれも塩分濃度が高く、最後の方はしょっぱくて喉がカラカラです。

海水を飲んでいる感じかな?

はまぐりも頼みすぎて、少し後悔しました・・・。



海の幸を満喫した私たちは、

寿都 → ニセコ → 中山峠 → 支笏湖 → 千歳と行きとは違うルートで帰り、

ニセコ.jpg

<ニセコ>

中山峠.jpg

<中山峠>





一日で400Kmを走破しました。

帰りの支笏湖で若干雲行きは怪しかったものの、雨にあたる事はありませんでした。

しかし、7月とはいえ天候に恵まれなければ北海道の夏は寒いです。



特にバイクツーリングをするなら少し暑いくらいの服装じゃないと、

寒くてバイクに乗っていても楽しむ事ができません。

北海道を舐めない方がいいですね・・・。



私は1年ぶりのバイクツーリングだったので、帰って来たらヘトヘトでした。

疲れ過ぎて熱が出たくらいです。苦笑



来月もバイクツーリングを予定しているので、

北海道でオススメのルートがあれば教えてください!



パワースポット神威岬でパワーを充電!美味しいお刺身とウニ丼三昧? [旅日記]

一昨日、パワースポットで有名な神威岬に行って来ました!

神威岬景観2.JPG






神威岬は積丹町にあり、高速道路を利用すれば、

札幌からでも、僅か2時間程で到着します!



この神威岬には、源義経とアイヌの娘チャレンカの悲しい伝説があります。

大きな野望を持つ源義経は、

恋仲であるチャレンカを置いて、モンゴルへと旅立ちました。



それを知ったチャレンカは、すぐに後を追い、

積丹半島で追いつきますが、神威岬の先端で見失いました。



悲しみにくれるチャレンカは、恨みの言葉を残し海に身を投げたそうです。

やがてチャレンカの悲しみは岩と化し、神威岬となった伝説があります・・・。



以来、神威岬周辺で女性を乗せた船が通り過ぎようとすると、

必ず転覆した事から女人禁制の地となりました。



今では女性も神威岬の先端まで行く事が出来ますが、

昔は行けなかったそうです。

神威岬門.JPG




そんな神威岬に何故行こうと思ったのか?

『それは、北海道を代表するパワースポットだからです!』



神威とは、アイヌ語で神という意味です。

『神の岬・・・。パワーもらえそうですね!』



ただ、せっかく小樽方面に行くのですから、

ウニ丼やお刺身、小樽を満喫しようと思い計画を立てました。



まずは、小樽で軽くソフトクリームを食べ、

小樽ソフト.JPG


(ソフトクリームの写真撮り忘れました。)



少し近場を観光した後、目的地である神威岬へ・・・。

キレイな海岸線を走り、小樽から車で1時間30分程で到着。

駐車場に車を駐車し、約800mある岬の先端へと向かいました。

神威岬始め.JPG




一昨日は少し風が強い事もあり、波が少し高かったのですが、

素晴らしい景色を見る事ができました!

(画像では伝わりませんね。苦笑)



神威岬景観1.JPG




岬の先端でパワーを充電し・・・、

神威岬地図.JPG




美味しいお刺身を食べにお食事処みさきへ向かいました。

ここ数日、時化の影響でウニ漁が出来ず、

生うに丼を出せないと言われ、お刺身定食といくら丼を注文!

お刺身定食.JPG




ほんのり甘く、身がプリプリしたお刺身を堪能し、上機嫌で小樽市内へ!

午前中に見ていない場所を観光し、ルタオプラスでフロマージュソフトと、

(また、ソフトクリーム。笑)

フロマージュソフト.JPG




ルタオを代表するドゥーブルフロマージュを娘のお土産として購入!

ドゥーブルフロマージュ.JPG




ちょうど日没だったので、ウイングベイ小樽の屋上駐車場から、

山に沈む夕陽と小樽から出航する豪華客船を眺め帰路へつきました。

夕陽と豪華客船.JPG




少し遅くなったお盆休みの代休でしたが、充実感のある時間を過ごせて大満足です。

神威岬でパワーも充電したので、このまま年内突っ走りたいですね!



p.s.
最近、敢えて旅日記などを多く更新しています。
自分的にどうなのかな?と思う点もありますが、天使パパママに限らず、
落ち込んでいる時は楽しい事をしたい!という声が多く聞こえます。
また、誤解を招くかも知れませんが子どもを失っても楽しくなれる瞬間があります。
人生辛く悲しい事ばかりではない事、大切な子どもを失っても・・・、
ほんの一瞬でも笑える瞬間がある事を伝えたく更新するようにしました。
賛否両論はあると思いますが、温かく見守ってくれると幸いです。



監獄レストラン 札幌へ行って来ました! [旅日記]

昨日、監獄レストラン ザ・ロックアップ札幌店に行って来ました!

このレストランでは、囚人気分が味わえます。

監獄ゾンビ.JPG






事の発端は、久々に会った甥っ子の一言から始まりました。

過去記事にもありますが、私の甥っ子は現在寮生活を送っています。

どうやら、寮の食事はあまり美味しくないようですね。



ハードなトレーニングだけではなく、

食事制限による肉体改造にも着手しているので、

仕方のない事かも知れませんが・・・。



しかし、その努力の甲斐があって、

今や道内屈指のアスリートと成長したようです。



先日の全道大会個人戦でも優勝したらしく、

その時の記録が、在学校の歴代記録を塗り替えたそうです。

この結果に本人もかなりの手ごたえを感じているのではないでしょうか?



そんな甥っ子と3人で監獄レストランに行って来たのですが、

私が想像しているのとは、全く違いました!



まず、入り口(入所口)に鎖がかかっていて入れません・・・。

監獄呼出し (2).JPG




ふと、横を見ると・・・、

監獄呼出し (1).JPG




ボタンを押すと刑務官?のコスプレをした店員が登場!

鎖のかかった扉を開け、中に案内されるも暗くて全く見えず・・・。



次の瞬間、雷音が鳴り響き、またまたコスプレをした店員登場!

今度は、ミニスカポリス風の女性刑務官?

『収監するので、誰かひとり、罪名を言ってください!』



甥っ子が無言のまま手錠をかけられ、我々はドキドキしながら収監。

店内は監獄をイメージした個室が多数あり、

その中で美味しい創作料理が堪能できます。

監獄料理1.JPG




ここでは90分に一回のショータイムがあり、

モンスターが色々な所から襲って来ます・・・。



他の監獄からは女性の悲鳴が聞こえ、

ふと、上を見上げるとモンスターが真上にいたり、

お客様の好奇心をくすぐるような斬新なお店でした!



食べ飲み放題コースや誕生日サプライズコースなどもあるようなので、

気になる方はぜひ、足を運んでみてください。

監獄注意.JPG




p.s.
甥っ子は終始ニヤニヤし、本当に楽しそうでした。
子どもの喜ぶ姿を見ると嬉しくなりますね。
私も今度、友人たちとの飲み会に利用したいと思います!



旅日記 ブログトップ