So-net無料ブログ作成
検索選択

独身高齢者の孤独死について少し考えた結果、他人事ではないことに気付く・・・。 [雑談]

孤独死が深刻化・・・

孤独死.jpg

近年、孤独死が社会問題として大きく取り上げられ深刻化しています。その背景には、少子化、未婚、核家族化が原因と考えられ、年間4万件を越す統計データも。誰にも気付いてもらえず、ひとり寂しく死んでいくことを想像しただけでも恐怖しかありません・・・。



「なぜ?」このような話に触れたかと言うと、知人がこの問題に直面したからです。警察や医療関係者に問い合わせをしても、「事故?病気?」いずれも親族以外には回答できないと言われ、真実は闇の中へと葬られました。



『つまり、お線香を焚くことや手を合わすことすら出来ませんでした・・・。』


続きを読む


2017年、新年のご挨拶 [お知らせ]

新年のご挨拶とお詫び!

新年のご挨拶.jpg

新年いかがお過ごしでしょうか?



新たな気持ちで、新年をスタートできた人。一方、気持ちの整理がつかないまま新年を迎えた方もいるのではないでしょうか?



私は今年の目標を立て、いいスタートを切ろうと意気込んでいましたが、新年早々、風邪でダウンしていました。



やっと体調が回復してきたので、ブログの更新と溜まっていた仕事を処理しています。もう少し落ち着いたら、本格的に活動を再開します。



また、新年早々たくさんのメールありがとうございました。体調不良に対して、心配してくださった方々にも心よりお礼申し上げます。



それでは、本年も天使パパのブログ!をよろしくお願いいたします。











スポンサーリンク













孤独感、劣等感 、疎外感を強く感じるようになると死んだ方がいいと考えることも。 [メンタル]

生きる意味・・・

生きる意味.jpg




子どもの死後、「誰にも会いたくない」「何をしても楽しくない」「自分なんか死んだ方がいい」と考えたり、人との繋がりを断つことがあります。



そんな自分を変えようと行動に移しても、心が空っぽの状態では何をしても満たされません。



子どもを亡くす苦しみを共有できないことで、自分だけが世界から取り残されているような孤独感を感じたり、育児をできない寂しさから、自分は他人より劣っているような錯覚に陥ることもあります。



そんな辛い時期を乗り越えても、我が子と同世代の子どもの成長を目の当たりにすると、仲間外れにあっているような疎外感に襲われることも・・・。



当ブログ経由で知り合った天使ママさんには、四十九日明けから一周忌までが一番感情の波があり、精神的に辛い時期と伝えています。



もちろん個人差はありますが、私が四十九日明けが一番辛い時期と考える理由は、この頃から夫婦間の温度差を感じたり、家族や友人との距離感を考える時間が増えることもひとつの理由です。


続きを読む


愛娘の死後を振り返り感じたこと! [夫婦仲]

身体の異変!

身体の異変!.jpg




愛娘の死後、私はどんな音に対しても不快に感じた。
・ドアを閉める音

・歩く音

・好きな音楽まで



この原因は言うまでもなく、愛娘を失ったことにより、心と身体に大きな負担がかかる状況に追い込まれたから。その結果、ストレスが溜まり「聴覚過敏」となった・・・。



本当に調子が悪いときは、耳鳴りや頭痛、肩こりや手足の痺れから立つこともできない。当初は脳梗塞などの病気だと思っていたが、医師の話では、20~30代で脳梗塞が発症する確率は低いらしい。



しかし・・・、
『身体はこんなに悲鳴をあげているのに正常なはずはない!』



続きを読む